NBA

2019年NBAドラフトの注目選手トップ5!八村塁の予想順位は?!

この記事では2019年NBAドラフトの注目選手をランキング形式で紹介します。

ヨーロッパの天才児「ルカ・ドンチッチ」やカリー2世と呼ばれる「トレイ・ヤング」など今後の活躍が大いに期待できる新人が数多く、当たり年とも言われた2018年NBAドラフト。

今年2019年のNBAドラフトは、2018年クラスを上回るほどの豊作だとも言われており、この記事ではそんな2019ドラフト候補の注目選手5人を紹介していきたいと思います!

2019年ドラフトの注目選手1位:ザイオン・ウィリアムソン

1位はこの男、「ザイオン・ウィリアムソン」です!身長は201cm、体重は129kgで2000年7月生まれの若干18歳のフォワードプレイヤーです。

動画を見てもらうとわかるように、得点・パス・リバウンド・ディフェンスとなんでも高いレベルでこなすことができ、その圧倒的な身体能力から「レブロン・ジェームズ2世」との呼び声も!

2019年ドラフトの1位指名候補です!

強いて欠点を挙げるとすると、アウトサイドショットには課題がありデューク大学1年目のシーズンでは3PT%が33%と、決して高い数値ではありません。

ベン・シモンズ等、アウトサイドショットが苦手なフォワードプレイヤーは対策がとられやすく、プレイオフなど重要な試合で苦労する場面が多く見受けられるため、今後ザイオンがいかにシュート力を伸ばせるかは注目ポイントの一つでしょう!

2019年ドラフトの注目選手2位:八村 塁

2位は日本人なら誰もが注目する「八村塁」です!宮城の名門「明成高校」からアメリカの超一流校「ゴンザガ大」に進学した八村塁。ゴンザガ大3年目のシーズンではエースとして、チームをレギュラーシーズン1位に導きました!

彼の持ち味は、得点・リバウンドなどを高い水準で行えることに加え、ブレイクの先頭を走れる走力や当たり負けしないフィジカル等の高い身体能力でしょう。

サイズも203cmとそこそこあり、アウトサイドからもショットを打てる万能性からオールスタープレイヤーだったアントワン・ジェイミソンと比較されることが多いです。

ドラフトでは15位付近で指名されるとの予想が多く、日本人初のドラフト1巡目プレイヤーになれるか注目が集まっています!

2019年ドラフトの注目選手3位:ジャ・モラント

3位は「ジャ・モラント」です!

バスケ界ではそこまで有名な大学ではないため、入学当初はほとんど注目を浴びていなかったモラントですが、昨シーズン大きく力を伸ばし、ドラフト上位指名候補に昇りつめるまでになりました。

ポジションはポイントガードで、持ち味は創造性豊かなプレイメイキング能力と圧倒的な身体能力で、ラッセル・ウエストブルックとよく比較されることが多いですね!

得点能力は高くチームメイトを生かすこともできるため、ポイントガードとしては申し分のないプレイヤーだと評価されています!

また、昨シーズンはNCAA史上初となるアベレージ20得点・10アシストを記録したプレイヤーとなるなど、スタッツの方でもウエストブルックのような豪快な記録を打ち立てました!

2019年ドラフトの注目選手4位:R・J・バレット

4位は「R・J・バレット」です。1位で紹介したザイオンと同じくデューク大学出身で、入学わずか1年でNBAドラフトにエントリーした、シューティングガード/スモールフォワードです。

彼の持ち味はざっくりいうと得点能力でしょう。ユーロステップ、フローター、ポストプレイなどオフェンスの引き出しが多く、オフボール・オンボール問わず問題なく得点を挙げられる点が大きく評価されています。

欠点は3PTショットと言われており、デューク大1年目の昨シーズンの3PT%は約30%と若干物足りない印象を受けます。

シュート力の伸び次第では元オールスター選手のダニー・グレンジャーやダマー・デローザンのような選手になると言われています!

2019年ドラフトの注目選手5位:コビー・ホワイト

5位は「コビー・ホワイト」です!

あのマイケル・ジョーダンを輩出したノース・カロライナ大学出身のポイントガードで、そのマイケル・ジョーダンの持つ大学の得点記録を上回ったことでもよく知られています!

得点能力と、得点に対するメンタリティが高く評価されているプレイヤーで、身長は196cmとポイントガードにしては高く、シュートタッチも安定していることからギルバート・アリーナスと比較されることが多いですね。

彼の主な課題としては、ターンオーバーの多さや、プレイメイキングを軽視し自ら得点を上げることに意識が向き過ぎることが多々あること、の2点ですが経験を積めば徐々に改善されていくことでしょう!

2019年ドラフトの注目選手についてまとめ

以上、2019年NBAドラフトの注目選手について紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

ここで紹介した選手以外にも、バージニア大のディアンドレ・ハンターや元NBA選手マヌート・ボルの息子として知られるボル・ボルなど注目株は山ほどいるため、今からドラフトが待ち遠しい思いです!